HOME > 出かける > 作品に参加できる!?「トリックアートinせんだい」へ行ってきた

作品に参加できる!?「トリックアートinせんだい」へ行ってきた

ゴールデンウィークも後半戦。近場で色々と楽しみたい…そんな方に朗報です!参加型ミュージアム「トリックアートinせんだい」が、4月28日(土)よりせんだいメディアテークにて開催中。摩訶不思議なトリックアートの世界を体験してきました♪

カメラ片手に不思議なトリックアートの世界を冒険しよう


 
トリックアートとは従来の絵画展とは異なり、見て・触って・写真撮影が行える参加型ミュージアム。平面に描かれた絵が、見る角度によって立体的に浮かび上がる!「本当に平面なの?」と思わず触って確かめたくなるほどです。

なんと今回は、全ての作品が仙台初登場!ユニークな展示作品の数々は、子どもだけではなく大人達もワクワクする事間違いなしです♪

 
▲危機一髪!大きなだるまが階段から転がってくる!?

 
▲一休さんの逸話にある「屏風の虎退治」。
 出てこない虎は捕まえられないというお話ですが…乗っちゃってます。


 
▲ここは宇宙人の実験室!?どうやら捕まってしまったようです…


一つの作品でも歩きながら見たり、位置や角度を変えると見え方も変わりますよ。トリックアートは、見る人が参加して始めて作品が完成します。皆さんのアイディアで世界に一つだけのおもしろ写真を撮影しましょう!作品は反射しやすくなっている為、少し斜めの位置から撮影するのがポイントとの事。いろいろなポーズにチャレンジしてみてくださいね。

 

お化けと一緒にハイポーズ!「怖くないお化け屋敷」も登場

不思議でユニークな作品の中でも一際気になるコーナーが…。その名も「怖くないお化け屋敷」。迫力のある幽霊や妖怪と一緒に記念撮影出来ちゃいます。

 
▲大きな提灯の妖怪に食べられる~!

 
▲巨大な蜘蛛の巣に捕まっちゃった!?



 
会場に用意されているフォトフロップスで、友達と楽しく撮影♪家に帰ってからSNSなどにアップするのもおすすめですよ。

 



ゴールデンウィーク中の予定が決まってない、どこも混んでいるから日帰りで楽しみたいという方は、気軽に行ける「トリックアートinせんだい」へ是非訪れてみてはいかがでしょうか?

 

イベント概要

【トリックアートinせんだい】
 
■期間:4月28日(土)~5月6日(日)

■時間:10:00~16:30(最終入場16:00)
※最終日は16:00で閉館

■会場:せんだいメディアテーク 6階ギャラリー(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)

■入場料:大人(高校生以上)900円/小人(4歳~中学生)600円

■プレイガイド:
○ローソンチケット(Lコード:24000)
※ローソン、ミニストップにて購入可
○チケットぴあ(Pコード:768-976)
※セブンイレブンにて購入可
○セブンチケット
※セブンイレブンにて購入可
○イープラス
※ファミリーマートにて購入可
○会場窓口

■主催:仙台放送

■後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、(公財)仙台市市民文化事業、(公財)仙台観光国際協会、河北新報社、仙台リビング新聞社、せんだいタウン情報 S-style

■企画制作:那須とりっくあーとぴあ/(株)エス・デー

 

イベント問い合わせ先

仙台放送 事業部 (平日9:30~17:30)
TEL:022-268-2174
URL:http://ox-tv.jp/sys_event/p/details.aspx?evno=364