HOME > 知る > 自然を満喫!初めての渓流釣り入門

自然を満喫!初めての渓流釣り入門

爽やかな新緑を満喫出来る季節、アクティブに出かけたくなるものです。
今年こそ何か始めたい!と思っている方は、山と川の両方を楽しめる「渓流釣り」にチャレンジしてみませんか?
釣り初心者の方でも安心して楽しめるように、基礎知識や道具、釣り方のコツを釣り具店「キャスティング」泉バイパス店副店長の五十嵐さんに教えていただきました。

渓流釣りの魅力



河川の上流部分で魚を狙う「渓流釣り」。都会から近郊にある自然豊かな森の中、マイナスイオンを浴びながら川を釣り歩く事で、様々な景観を楽しむ事が出来ます。見た目も美しい渓流魚が釣れた時は喜びもひとしおです!

渓流釣りのベストシーズンは、雪解け水が落ち着き始める4月中旬以降から梅雨時期の7月末まで。河川により解禁・禁漁期間があり、宮城県内では3月解禁~9月末から禁漁が一般的です。

 

渓流釣りで釣れる魚

「ヤマメ」

 
“渓流の女王”と呼ばれるヤマメは、美しい流線形の魚体とパーマークと呼ばれる斑紋が特徴です。里川と呼ばれる中流域から上流部手前までの頭大位の石がゴロゴロしている所までを狙うのがポイント!
 



「イワナ」

 
体色は黄褐色から茶色系で、背中から側面に白い小斑点が多くみられます。釣れた場所や時期により、体系・体色が異なるのもイワナの特徴です。
川の上流から最上流部の水温が低いエリアが生息域。解禁の残雪の中でも釣れる渓流魚です。
 



「ニジマス」

 
主に管理釣り場に釣り魚用に放流された外来種です。エラから尻尾にかけて朱色の帯があるのが特徴。背中から側面に黒い小斑点が見られます。釣りやすく、引きが強い事から釣り入門に向いている渓流魚です。渓流釣り堀の主な対象魚となっています。
 

必要な道具

初心者でもこれさえあれば渓流釣りを楽しめる道具一式がこちら!


 
【最低限必要なもの】

・フェルト底のウェーダー(濡れた石でも滑りにくいフェルト底がおすすめ)
・フィッシングベルト(川での転倒時にウェーダー内部の浸水を防ぐ役割と、川を歩く時両手が塞がらずに便利!)
・タモ網、ネット(釣った魚をすくう網。直径30cmまでの網が使いやすい)
・ショルダーバック(仕掛けやルアー、小物を入れる為に便利。安全性を考え両手が塞がらない様にベストやショルダーバックを活用しましょう)
・偏光サングラス(目の保護、ギラギラした水面に出る目印のアタリを取る為)
・熊鈴(里川でも熊の目撃情報が増えている為、熊除け、獣除けの鈴は必須です!)
 

渓流釣りにはシンプルな仕掛けで釣れる「エサ釣り」「ルアー釣り」の方法があります。
釣り方によって揃える道具も違ってきますので、しっかり確認しておきましょう。


<エサ釣り>
・渓流竿(4.5m~7m ※川の規模や釣り方で変わります)
・完成仕掛け(竿の長さに合わせて仕掛けを選びましょう。竿の長さ-20cmの仕掛けが目安)
・エサ(市販のミミズ、ブドウ虫、イクラのほか、川でとれる川虫(水生昆虫)も使用出来ます)
・餌箱(数種類のエサを使い分ける為、2室タイプがおすすめ!)
・ビク(腰に下げるタイプが使いやすいです)
 

<ルアー釣り>
・トラウトロッド(5ft前後 ※150cm)
・スピニングリール(小型のものでOK、糸は1号前後のナイロンラインを選びましょう)
・ルアー(5cm前後のミノー、3g~5g程のスプーン、スピナー)

 

いよいよ釣りスタートです!


 
渓流魚は警戒心が高い為、むやみに川に近づかないで、静かに釣りましょう。
反応が無ければポイント移動を繰り返し、上流に釣り上がってください。
先に釣り上がっている方がいる場合は反応が悪く釣れないので、ポイントを移動する事をおすすめします。
主に渓流魚は水中に変化がある所に隠れている為、水中に沈む石や水深が変わる『かけ上がり』を狙うのがポイント!



 
ヤマメの場合は、流れにエサを同調させるように流す『流し釣り』が基本となります。いかに自然に流れるエサを演出出来るかがキモ!盛期になると、流れが強くて早い『瀬』からも飛び出します。



 
流れの落ち口や滝壺の様な深みに隠れている事が多いイワナは、重めのオモリを付けてエサを沈める『提灯釣り』が基本となります。一ヵ所で粘らず、反応が無ければどんどん上流へ釣り上がるべし!ちょろちょろと流れる細い川筋に入っている事もあるので、見逃さないようにしましょう。



 
一ヵ所で釣れ続く事が少ないルアー釣りは、一ヵ所に粘らず上流に釣り歩くのがポイント。様々なルアーを使って渓流魚の反応を見るのも楽しいですよ♪
 

☆マナーをしっかり守って楽しもう☆
・先行者の上流に入るのはマナー違反!やむを得ない場合は一声かけて断りを入れてください。
・車の駐車スペースは十分注意しましょう。
・突然の雨やダムによる放水で一気に水かさが増す場合もあるので、雲行きが怪しい場合は釣行を中止してください。
 

初心者必見!宮城の渓流釣りスポット3選

必要な道具や釣り方のコツが分かったら、早速渓流釣りに行ってみましょう!
釣り初心者の方でも楽しめる、県内渓流釣りスポットをご紹介します。

ポイント①「鳴瀬川支流の花川、保野川、田川、本流上流部」

 
仙台市内から比較的近く、魚影も濃いです。
中流部は河原も広く釣りやすく、上流部はダイナミックな自然の中、イワナを狙えるポイントが多いです。
(鳴瀬吉田川漁業協同組合 遊漁料:1日券2,000円 年券6,000円)
 



「荒雄川 鳴子ダム上流部」

 
ルアー入門にオススメ!C&R(キャッチアンドリリース)区間が設定され、ニジマスやヤマメ、イワナが定期的に放流され魚影が濃いです。ルアー専用区で比較的高低差の無い川の為歩きやすく、大自然の中でエサ釣りが楽しめます。
(鳴子漁業協同組合 遊漁料:1日券1,000円 年券4,500円)
 



「広瀬川上流『作並渓流つり場』」

 
手ぶらで本格的な渓流釣りが満喫出来る釣り堀です。仙台市内から近く、公共の交通機関で行く事が出来ます。釣り道具のレンタルもあるので、初めて釣りをされる方におすすめ。近くには作並温泉、つり場にBBQ施設もあるので、家族やカップルで訪れるのも良いでしょう♪
 



自然の中釣りが楽しめる渓流釣り、まさに今が旬のアウトドアですね!
必要な道具や釣り方のポイントを押さえれば、初めてでも決して難しくありません。
皆さんもこれをキッカケに釣りデビューしてみませんか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

キャスティング泉バイパス店
住所:仙台市泉区天神沢1-1-27
TEL:022-772-6388
URL:http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=27

☆お店からのコメント☆
当店ではエントリーコーナー新設!初めての釣り応援!
釣りを始めたいというお客様を完全バックアップいたします。
旬な情報、旬な商品、新鮮なエサを多数ご用意し皆様のご来店お待ちしております。


 

<その他の東北3店舗>

キャスティング仙台南店 
住所:仙台市太白区中田4-14-1
TEL:022-306-2320
URL:http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=45

 

キャスティング石巻店
住所:石巻市恵み野1-2-2
TEL:0225-92-0171
URL:http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=34

 

キャスティング盛岡店
住所:岩手県盛岡市向中野5-11-30
TEL:019-656-5787
URL:http://castingnet.jp/shop/shop.php?s=35
 
 

この記事のタグ