HOME > 育てる > 【子育てママ応援コラム第25話】未知の領域に挑戦する

【子育てママ応援コラム第25話】未知の領域に挑戦する

パフォーマンス・エンハンスメントコーチ、林 健太郎氏による―子育てママ応援コラム―
第25話は「未知の領域に挑戦する」。

高い目標を掲げ、挑戦し続けよう

知人が会社の人達と一緒にフルマラソンに出場したという話を聞きました。
その人は普段から走っておらず、たまに奥さんが走っている時に付き合いで3kmくらい走ったりする程度で、フルマラソンに出場する事になってからも、練習せずに本番を迎えたのだそうです。
結果は、途中でヒザを痛めてリタイアしましたが、15km走ったといいます。

42.195kmから見ると15kmは、たったの3分の1。しかし、普段走っていない人が15km走ったというのは、ものすごい事だと思います。これで10kmマラソンに出場していたら完走はできたでしょうが、10km以上走る事は無い訳です。



 

何が言いたいかというと、出来そうなゴールを設定したら、それ以上の結果は得られないという事。
ゴールが近くなると、安心して足が止まってしまう訳です。

子ども達も難しい事にチャレンジしようとする時があると思いますが、周りの人達は今までの子どもの実績から考えて「できる」・「できない」と判断し、トライさせないという事があると思います。

しかし、できる事だけをやっていては、いつまで経っても成長する事はありません。
結果を評価するのではなく、トライした事を評価してあげてください。

 

【子育てママ応援コラム第24話はこちら】
 

著者


 
林 健太郎
株式会社CROSSOVER 代表取締役
パフォーマンス・エンハンスメントコーチ(パフォーマンスを最大化する)

認知科学をベースとしたコーチングを展開し、
プロスポーツ選手や企業・学校・個人に対してマインド(脳と心)の使い方を教えている。

・思い通りの結果を出す脳の使い方
・成長を加速させる子供や部下との関わり方
・お客さんに「あなたから買いたい」と言わせる逆指名の営業術
・努力をせずに簡単に痩せられる脳の使い方
などの講座を行なっている。

Facebook:https://www.facebook.com/kentaro.hayashi.900
Instagram:coach.kentaro(林健太郎)



 
著書「コーチング営業」 【購入はこちらから】