HOME > 出かける > 「泉ボタニカルガーデン」で見つける、あなただけの散歩道

「泉ボタニカルガーデン」で見つける、あなただけの散歩道

色鮮やかな花が咲き誇り、新緑も美しく、お出かけにちょうど良い気候。
季節の美しい花々が楽しめる「泉ボタニカルガーデン」へ行ってきました♪

四季の移ろいを感じるガーデン


 
仙台市中心部より車で約40分。泉ヶ岳のふもと、七来田ダムの湖畔にある「泉ボタニカルガーデン」は、四季折々の草花が楽しめる自然植物園です。

ガーデンを運営する株式会社泉緑化が、シャクナゲの圃場として利用していた場所を市民の憩いの場として提供しようと、1998年にオープン。2万1000坪の広大な敷地には、約1000種類もの植物が植栽されています。なんと、バラだけでも400種類以上!

 
▲園内からは七北田ダムが望めます

季節の移り変わりに合わせて、園内の風景も変化していきます。


▲満開のシャクナゲ

雪解けと共に咲くリュウキンカやカタクリなどの山野草が告げる春の訪れ。その後、シャクナゲや八重桜、チューリップが咲き乱れ、本格的な花の季節を迎えます。



▲アジサイの小道

初夏から夏にかけてはバラやクレマチス、小道にはアジサイが咲き誇ります。花壇には数えきれないほどの宿根草(しゅっこんそう)。7月中旬からはクワガタ採集も出来るのだとか!



▲色とりどりのセージが花壇を彩る

秋には黄金色の葉のセージや、夏から秋を彩るさまざまな園芸植物が花壇に鮮やかに咲き、やがて紅葉に包まれていきます。
 

1週間違えばまた違った花の様子が見られるのが、ガーデンの魅力です。
取材で訪れた時は、ちょうどシャクナゲが見頃を迎えていました。

「なるべくその時期に栽培しやすい植物を植えるなど、自宅のガーデニングの参考にしていただきたいという気持ちでやっています」と話すのは、スタッフの鎌田さん。ガーデニングの気になる疑問やお悩みを相談してみるのも良いでしょう♪

 
▲色とりどりのシャクナゲが斜面いっぱいに広がっていました

 

ガーデンで優雅にティータイム♪

園内に併設されたカフェ「Cafe Terrace Felicia」では、花を眺めながら食事を楽しむ事が出来ます。一番人気は手作りの「ケーキセット(日替わりケーキ+ドリンク)」。色とりどりのドライフルーツを使った「食べる紅茶」というおしゃれなドリンクも!ガーデンで過ごすティータイム…なんとも贅沢な時間です♡

 
▲「ケーキセット」850円(写真はキャラメルチーズタルトとアイスティー)

 
▲「食べる紅茶」(左:ローズヒップハイビスカス/右:アールグレイ)各500円

この他にもパスタ・うどんなどの軽食や、暑い季節に嬉しい「アップルジンジャー」などの飲み物、ソフトクリームなどもありますよ。

 
▲5月からの新メニュー「アップルジンジャー」500円
 

ペットもピクニックもOK!思い思いの過ごし方を

「泉ボタニカルガーデン」はペット同伴での利用もOK!犬からオウムまで!?(実際に連れてくるお客さんがいらっしゃるそうです!)一緒に園内のお散歩を楽しめます。
ガーデンの看板犬としてたまに出勤しているチェリーくんにも是非会いに行ってみてくださいね。

 
▲看板犬「チェリー」

さらに、芝生広場ではシートやテントを広げてピクニックが楽しめます。お弁当の持ち込みももちろんOK! 植物を傷つけないように、最低限のマナーを守って過ごしましょう。
※テントは地面に打ち込まないものを利用してください。


▲子どもが楽しめるシャボン玉コーナーも!

他にも、不定期でワークショップやマルシェも開催されます。
6月2日(土)・3日(日)にはイベント「花遊山歩(はなゆさんぽ)」を開催!
バラやクレマチスやエビネの即売会やガーデンマルシェ、音楽コンサート、さらに珍しい品種が手に入るメダカの販売会と盛りだくさんの内容です。

【花遊山歩】
■日時:6月2日(土)・3日(日)10:00~16:00 ※雨天決行
■場所:泉ボタニカルガーデン 芝生広場


四季折々異なる表情を見せてくれるガーデンは、何度訪れても新鮮な驚きにあふれています。
色鮮やかな花と緑あふれる空間へ、癒されに来てみませんか?

【ビズプロ編集部】

 

取材協力

泉ボタニカルガーデン
住所:仙台市泉区福岡字赤下
TEL:022-379-2698
開園期間:4月(第2土曜日)~11月(第2土曜日)
(Cafe Terrace Felicia …10:00〜16:00)
開園時間:9:30~17:00(最終入園16:30)
入園料:大人500円/小学生100円(未就学児は無料)/団体割引(10名以上)大人300円
URL:http://www.izumi-green.co.jp/botanical/