HOME > 知る > 憂鬱な梅雨を乗り切る爽やかインテリア術

憂鬱な梅雨を乗り切る爽やかインテリア術

シトシト、ジメジメ…今年も憂鬱な梅雨の時期がやってきます。お部屋もジメジメして気分も下がってしまいますよね。寝具の湿気対策も気になる所です。梅雨の時期を爽やかに過ごせるインテリアや湿気知らずの快適寝具を、IDC OTSUKA 仙台ショールームの安田さんに教えていただきました!

梅雨に備えて湿気対策は万全に♪


 
日本は高温多湿なので、日頃から湿気対策に気を使い、風通しを良くする事が大切です。湿気によるカビやダニの誘発を防ぐ為にも家具を壁から数センチ離して通気性を確保し、空気の通り道を作ってあげましょう。

また、家具を購入する際は簡単にカバーを取り外してクリーニングが出来るカバーリングタイプのソファや、通気性の良いすのこ状のベッドフレームを選ぶのも湿気対策の一つとなります。

 

梅雨時の快眠のカギは「ベットフレーム」にあった!

マットレスは呼吸をする鼻や口との距離も近く、特にジメッとした梅雨の時期などは、湿気がこもると睡眠時の不快感につながる事も。ベッドの湿気対策では、まず、マットレスを乗せるフレーム選びがポイント。一般的におすすめなのが、マットレスに接する台の部分がすのこ状になっているタイプです。間から空気が抜け、マットレスに湿気がこもりにくくなります。

湿気をとことん対策したい方におすすめなのが、ボトムクッションとマットレスを重ねるダブルクッション仕様。マットレスを乗せるベッドフレームをスプリングの入ったボトムクッションにする事で、体圧分散性がアップするだけでなく通気性も良くなると言われています。寝心地も良く、湿気対策にもなり、さらに耐久性も高い。嬉しいメリットがたくさんあるのです!通気性の良いマットレスを探している場合は、フレームも一緒に検討してみるのも良いでしょう。

すぐにマットレスやベッドフレームを変えられないという方も多いと思います。そんな時は汗の吸収発散性が良い綿やリネン素材のカバーやシーツ、ウールの詰め物の入ったベッドパッドなどで対策すると、気持ち良く眠れますよ。寝具も湿気対策がきちんとしているものに変えて、快適に梅雨を乗り切りましょう。
 

<大塚家具イチオシアイテム>

ベッドフレーム「ルネB」 66,960円(税込)~




▲すのこ
 
シンプルですっきりした印象のベッドフレーム。
こもりがちな湿気からマットレスを守ってくれる桐すのこ仕様で、湿度の高い梅雨時でも安心して使用出来ます。
 



二重ガーゼ掛布団カバー「リヨン」 11,880円(税込)~
二重ガーゼ枕カバー「リヨン」   2,980円(税込) ~


 
心地良い肌触りと通気性の良さが、梅雨や暑い時期に最適な二重ガーゼの掛け布団カバー。時間と手間をかけて丁寧につくられたガーゼ生地は、綿本来の風合いが引き出され、ふんわりやわらか。赤ちゃんの肌にもやさしい無添加二重ガーゼです。

 

ジメジメ気分をすっきりと。爽やかインテリア術

お部屋をすっきり爽やかに見せるには、インテリア選びにも秘訣があります。季節ごとのコーディネートを楽しみたいならカーテンの衣替えがおすすめ!クッションカバーは場所もとらないので、洋服のように気分で着せ替えしてお部屋の雰囲気を変えてみるのも◎。気分がアップするようなカラーを取り入れて、お部屋を彩りましょう。
 

<大塚家具イチオシアイテム>

ドレープカーテン「キール」


   
爽やかな色と水彩画のようなタッチが人気のファブリック。
 



クッションカバー「ローレン」 4,000円(税込)サイズ:W450×D250mm
クッションカバー「ルシール」 5,800円(税込)サイズ:W450×D450mm


 
ヨーロピアン様式のテキスタイルがエレガントな可愛さを演出。気分もアップする事間違いなし♪
※ヌードクッションは別売
 



雨の日はお家にいる事が多くなりますから、素敵なお部屋で過ごせるようにしたいものです。家具の配置を工夫したり、寝具やインテリアを変えてみるだけで快適なお部屋に!皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね♪


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

IDC OTSUKA 仙台ショールーム
住所:仙台市青葉区花京院1-2-15 ソララプラザ(入口3階)
TEL:022-714-4321
URL:http://www.idc-otsuka.jp




☆お店からのコメント☆
仙台ショールームでは6/2(土)~6/17(日)まで、日頃の感謝をこめて「特別祭」を開催!
店頭展示品やアウトレット品が最大50%OFF、数量限定特別ご提供品などお買い得品が多数!ぜひこの機会にお越しください♪

この記事のタグ