HOME > 出かける > 梅雨時こそ見頃!宮城の花菖蒲の名所3選

梅雨時こそ見頃!宮城の花菖蒲の名所3選

梅雨の時期に咲くのは、あじさいだけではありません!宮城県で、これから見頃を迎える花菖蒲やあやめが見られる場所やイベントをご紹介します。

【登米市】みなみかた花菖蒲まつり


 
5ヘクタールの広さを誇る「みなみかた花菖蒲の郷公園」では、約250種類60万本の花菖蒲が咲き競います。幻の花といわれる「花且美(はなかつみ)」を見る事が出来るかも。6月17日(日)には野店によるお茶提供やよさこい踊り、場産品及び屋台等の出店等のイベントが開催されます。

■見頃:6月中旬~7月上旬 ※イベントは6月17日(日)開催
■場所:みなみかた花菖蒲の郷公園(登米市南方町翌沢70)
■問い合わせ先:登米市南方総合支所市民課 TEL:0220-58-2112

 

【栗原市】一迫山王史跡公園あやめ園


 
一迫山王史跡公園内のあやめ園は、広さが13,000㎡あり、花菖蒲やあやめ、カキツバタなどが植栽されています。中でも花菖蒲が最も多く、約300種類22万株を整備しています。毎年6月中旬~7月上旬に行われる「あやめ祭り」には、県内外から多くの観光客が訪れます。

■見頃:6月中旬~7月上旬 ※今年の「あやめ祭り」は6月15日(金)~7月4日(水)開催
■開園時間:8:30~17:00
■場所:一迫山王史跡公園あやめ園(栗原市一迫真坂字山王地内)
■入園料:一般510円(410円)/高校生以下250円(200円)
※カッコ内は団体割引(20人以上)料金
■問い合わせ先:一迫観光協会(栗原市一迫総合支所市民サービス課内) TEL:0228-52-2114 

 

【多賀城市】第30回多賀城跡あやめまつり


 
初夏の訪れを告げる「多賀城跡あやめまつり」は今年で30回目を迎えます。園内には約800種類300万本のあやめが咲き誇り、優雅な時間を過ごす事が出来ます。開催期間中の土・日曜日には交流ステージや勾玉づくり、万葉衣装の着付け体験など、家族で楽しめるイベントも盛りだくさん。16日(土)・17日(日)は30回目を記念し日没から20:30までライトアップが行われます。(雨天中止)

■期間:6月16日(土)~30日(土)10:00~16:00
※16日(土)・17日(日)は20:30まで(雨天中止)
■場所:多賀城跡あやめ園(多賀城市市川)
■問い合わせ先:多賀城跡あやめまつり実行委員会(事務局:多賀城市役所商工観光課内) TEL:022-368-1141
 



梅雨だからこそ楽しめるお花を見にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

※詳細は各イベント・場所の「問い合わせ先」までお問い合わせください。

【ビズプロ編集部】