HOME > 出かける > 東北を元気にしたい!地産地消の焼菓子店がオープン

東北を元気にしたい!地産地消の焼菓子店がオープン

毎日の仕事に家事、そして子育て。忙しい毎日の中でほっと一息つきたい時に、やっぱりスイーツは欠かせませんよね。
お仕事帰りや散歩の途中についつい寄りたくなる焼菓子専門店が、今年4月に仙台駅前通りにオープンしました。

地元食材を使った焼菓子で復興に貢献

仙台駅から歩いて約10分。本町1丁目、駅前通り沿いにある「BAKE SHOP another★belly(ベイクショップ アナザーベリー)」は、東北の食材を使った焼菓子専門店です。

店主の松浦奈美枝さんは震災後、勤務していた市内の百貨店を退職。「人の為に何かしたい」と、子どもの頃からの夢であったお菓子屋さんの開業を決意しました。昨年10月、仙台市ガス局ショールームに市が設置する「まちくる仙台 TRY6チャレンジ Shop & Café」に出店。今年3月までの期間限定出店でしたが、多くの女性から支持を得た事もあり、4月15日、現在の場所へ本格オープンしました。

「私もですが、震災の時に何も出来なかったと思っている方って沢山いらっしゃると思うんです。そういう人達にも東北の食材を使ったお菓子を食べていただいて、少しでも貢献出来ていると思っていただければ嬉しいです」と松浦さん。


 
▲店主の松浦奈美枝さん

 

日によって変わるマフィンは訪れる度に楽しい♪



 
宮城県産の小麦粉や卵、山形県産の米油など、材料は一貫して地元の食材を使うのがお店のこだわり。買った次の日もしっとり柔らかく食べられるようにと試行錯誤されたマフィンは常時8種類のフレーバーが陳列されており、そのほとんどが毎日変わるというから驚き!レギュラーメニューの「プレーン」と「塩キャラメルナッツ」以外は、その日の気分や材料の仕入れ状況により変わるのだそう。この他に、シフォンケーキやトレイベイク(トレイに大きく焼いて切り分ける焼菓子)、クッキーが並びます。

 
▲チャレンジショップ出店時からの人気商品「塩キャラメルナッツマフィン」360円(税込)。
 塩釜の藻塩で作った塩キャラメルクリームが入っています。甘じょっぱくほろ苦い味がクセになる~!


 
▲【左】たっぷりの人参・くるみ・レーズンが入った「キャロットケーキ」340円(税込)も人気商品の一つ
 【中央奥】定番の「ブラウニー」260円(税込)も外せません
 【右手前】ホワイトチョコとドライクランベリーの相性抜群!「ブロンディ」260円(税込)


 




オープンから約1ヵ月半が経ちましたが、客層も学校帰りの学生からお年寄りまでと幅広く、男性客も多いとの事。
仙台駅からも近いので、これは寄り道必須のスポットになりそうです!


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

BAKE SHOP another★belly(ベイクショップ アナザーベリー)
住所:仙台市青葉区本町1丁目6-25 ライオンズマンション本町第二101
TEL:050-3591-5255
営業時間:11:30~19:00 ※お菓子が無くなり次第CLOSE
定休日:日曜日
URL:http://anotherbelly2017.strikingly.com/
Facebook:https://www.facebook.com/anotherbelly2017
Instagram:@anotherbelly2017



 

この記事のタグ