HOME > 食べる > 衝撃の中身!?「源氏ボタルアイス」が気になりすぎる

衝撃の中身!?「源氏ボタルアイス」が気になりすぎる

幻想的なホタルの光は、初夏の風物詩。宮城県内でも6月下旬頃から観察に適したシーズンが始まります。
(県内ホタル観賞スポットについてはこちらでご紹介しています)
ホタル名所の一つ、登米市東和町では「源氏ボタルアイス」なるものが販売されているらしい…!?

フタを開けてびっくり!アイスの衝撃的な中身とは…!?


 
謎に包まれたアイスの正体を探るべく編集部が向かったのは、「源氏ボタルアイス」が販売されている道の駅「林林館 森の茶屋」




 
店内を探して歩いてみると、早速アイスを発見!
まさか本当にホタルが入っている訳ではなかろうかと恐る恐るフタを開けてみると…




 
ん?これは…ハチでしょうか?お尻に金粉がトッピングされていて、ホタルのようにも見えますが…(笑)


ホタル?それともハチ…?そんな疑問を解消すべく、今回は特別に店長の千葉恵一さんと、製造元である石巻市の老舗和菓子店「風月堂」の佐藤恵昭(よしあき)社長にお話を伺うことができました!

 

―そもそも、なぜホタルのアイスを作ろうと思われたのでしょうか…?


佐藤社長:弊社ではササニシキアイスをはじめ、全国の特産品を使ったアイスを製造・販売しています。これまでアワビやウニ、みそラーメンなど140種類以上のアイスを考案してきました。ある時、林林館の駅長から「ホタルのアイスを作ってほしい」と言われて。夜をイメージしたゴマアイスの上に、チョコレートで線描きしたホタルと金粉を乗せたものを作ったのが始まりです。


▲以前のデザイン(写真提供:風月堂)

 

―これは完全にホタルですね!!なぜトッピングを変えてしまったのですか?


佐藤社長:お客さんから「ゴキブリを乗せているのか」という声をいただきまして…(笑)これじゃだめだ、もう少し可愛くしようと2年前にハチのチョコプレートに変えたんです。


―ハチと言ってしまっていますが…!?

佐藤社長:いいえ、ホタルです!

千葉さん:私達もデザインが変更になった事を知らなかったんですよ。Twitterで話題になっているのを見て初めて知りましたから(笑)

 

その美味しさにハマる人続出!

突っ込みどころ満載の「源氏ボタルアイス」、たちまちメディアやSNSで話題になり、一時は1日300個売れるほどの人気に!

気になる味はというと、もちろんホタル味ではなく濃厚な黒ゴマアイスなのでご安心を。ゴマアイスは風月堂自慢のフレーバーでもあり、独自の技術でゴマのえぐみを出さないようにしているのだとか。砂糖の代わりにハチミツを使用しているので、自然の甘さを実感出来ます。

ユニークな見た目と味で、多くのお客さんのハートをがっつり掴む「源氏ボタルアイス」を購入出来るのは、林林館だけ!
東和町のホタルは6月下旬~7月上旬と、まさしくこれからが見頃です。

源氏ボタルアイス以外にも登米市の特産品を使った「舞茸アイス」「ごんぼ(ごぼう)アイス」など個性的な味のアイスクリームが売っていますので、観光がてらチェックしてみてくださいね♪




【ビズプロ編集部】

 

 

取材協力

道の駅「林林館 森の茶屋」
店長 千葉 恵一さん
住所:登米市東和帳米川字六反33-1
TEL:0220-45-1218

有限会社風月堂
代表取締役 佐藤 恵昭さん
住所:石巻市鹿又字新田町浦47(本店)
TEL:0225-74-2003