HOME > 育てる > 【子育てママ応援コラム第33話】家庭学習をやめたのに点数が上がった

【子育てママ応援コラム第33話】家庭学習をやめたのに点数が上がった

パフォーマンス・エンハンスメントコーチ、林 健太郎氏による―子育てママ応援コラム―
第33話は「家庭学習をやめたのに点数が上がった」。

部活と勉強は両立できる?

先日、横浜でセミナーを行いました。
セミナー後に受講者と子どもの勉強の話になり、「どんな事をアドバイスしているのか?」と聞かれました。

私は、部活動を真剣にやっている子に関しては、疲れて家庭学習をやる気になれないし、家に帰ってからの勉強時間は1〜2時間出来れば良い方だと思っています。疲れて集中出来ないし、やりたくないのに頑張って1〜2時間勉強しても身につかないからです。
さらに寝る時間も少なくなり、疲れがとれないまま学校に行くので、授業中に眠たくなり寝てしまい本末転倒という事が起きてしまいます。

学校での授業は6時間位あります。それは嫌でも座って受ける必要があり、その時間をどう集中して聞くかの方が家庭学習の1〜2時間の効率を良くするかを考えるより重要なのではないでしょうか?

この事について、何人かの高校生に話して実践してもらいました。元々家庭学習を1〜2時間頑張っている子に家庭学習をやめて早めに寝て、授業中に集中して学習する事を試してもらったところ、次のテストで11教科(1100点満点)1019点を取りました。

実は、授業の受け方にもちょっとしたアドバイスをしたのですが、それは次回に書きたいと思います。

 

【子育てママ応援コラム第32話はこちら】
 

著者


 
林 健太郎
株式会社CROSSOVER 代表取締役
パフォーマンス・エンハンスメントコーチ(パフォーマンスを最大化する)

認知科学をベースとしたコーチングを展開し、
プロスポーツ選手や企業・学校・個人に対してマインド(脳と心)の使い方を教えている。

・思い通りの結果を出す脳の使い方
・成長を加速させる子供や部下との関わり方
・お客さんに「あなたから買いたい」と言わせる逆指名の営業術
・努力をせずに簡単に痩せられる脳の使い方
などの講座を行なっている。

Facebook:https://www.facebook.com/kentaro.hayashi.900
Instagram:coach.kentaro(林健太郎)



 
著書「コーチング営業」 【購入はこちらから】


☆お知らせ☆
今回動画で話した事の他にも、面白い脳のカラクリをセミナーで話しています。

<今後の日程>
7/22(日) 名古屋
8/19(日) 沖縄
9/23(日) 福岡
10/14(日) ゴールドコースト
10/21(日) シドニー
11/4(日) 東京
11/18(日) 神戸
12/9(日) 金沢

参加詳細・申込はこちら