HOME > 買う > 涼感寝具で寝苦しい夜とおさらば!

涼感寝具で寝苦しい夜とおさらば!

年々暑くなる日本の夏の夜。「暑くて寝られない」、「寝苦しくて夜中に何度も起きてしまう」という方も多いのでは?
かといってエアコンや扇風機をつけっぱなしで寝るのも、電気代や体の冷えすぎによる体調不良が心配ですよね。
そこで今回はIDC OTSUKA 仙台ショールームの寝苦しい夜の暑さ対策にぴったりな「涼感寝具」をご紹介します♪

ふわふわ、ひんやり!キュートな抱き枕で癒されながら良い夢を♪

近年、ベッドや布団の上に敷くだけで涼しく眠れる敷きパッドや枕カバーなどの涼感アイテムが人気ですよね。
中でもおすすめなのが、こちらの可愛い抱き枕。うさぎのロップちゃんと、カワウソのキューちゃんです♪


 
「抱き枕クールデオド ロップちゃん」(右)/「抱き枕クール・デオド キューちゃん2」(左)
各 Mサイズ 4,298円(税込)


大塚家具オリジナルの涼感寝具「クールデオド」シリーズの涼感素材(クールデオドファブリック)をお腹の部分に採用しており、抱きつくだけでひんやり感を得られます。


 
また、強力消臭テープ「デオパワー®」により気になる臭いを抑えてくれるので、汗をかきやすい夏の夜も快適に使用出来ますよ。
さらに、ウォッシャブル素材なので手洗いのお手入れも可能。ふわふわ柔らかで肌触りもGood。ギフトにもおすすめです♪

 

夏こそリネンでぐっすり快眠

寝室は、ただ“眠る”だけでなく自分の心と体を整えてくれる大切な場所。カバー類は直接肌に触れるものなので、素材にもこだわりたいものです。そこでおすすめなのが、大塚家具オリジナルの「ルミエール」シリーズ

リネンは吸湿性・発散性に優れており、寝床の湿度のコントロールをしてくれるので、暑い夏も比較的快適に過ごす事が出来ます。また、熱伝導性に優れている為、生地の表面温度が体温より低い状態であれば、熱を奪ってひんやりと感じる事が出来るのだとか。ナチュラルな色合いなので、ベッドのコーディネートもしやすいのも魅力的♪

「ルミエール」シリーズ


 
掛布団カバー 19,800円(税込)~
ボックスシーツ 10,800円(税込)~
枕カバー 2,980円(税込)
カラーバリエーション:ホワイト、ベージュ、ブルー、

 

「高反発」と「低反発」両方の感触が味わえる枕!?


「アダプティブピロー」 ロータイプ 15,600円(税込)/ハイタイプ 17,800円(税込)


気温に左右されず、一年を通して快適に使える枕としておすすめなのが、中材に「高反発」と「低反発」両方の感触が味わえるウレタンを使用した「アダプティブピロー」

新開発素材「オープンセル」が空気の循環を促進する事で、高い復元力、優れたクッション性、高い通気性を実現。気温に左右されず、安定した硬さで寝心地が大きく変わる事がありません。熱や湿気がこもりにくく快適な睡眠を導いてくれます。


 
カバーは洗濯機でお手入れ可能なので衛生的。「ハイタイプ」と「ロータイプ」の2種類があるので、普段使っているマットレスや体型、好みに合わせて選んでみてくださいね。

 

インテリアも「ひんやり」がキーワードです


 
涼感アイテムは寝具だけではありません!なんと、お部屋に敷くラグも“触ってひんやり”♪
こちらの商品は、海が見せる様々な色と複雑に変化する水の流れ(ストリーム)を複数の色に染める日本の伝統工芸「絣染め」を応用した染色技法で表現した涼感ラグです。

汗などの水分に反応して、涼感効果をもたらす天然成分のキシリトールでひんやり感UP! 蒸し暑い夏はパイルのある敷物は敬遠されがちですが、これなら快適に過ごせそうですよね。裏地には厚みのある防音不織布を使用。ふみ心地がやさしく、気になる生活音を吸収し階下への音をやわらげます。


アクセントラグ 「スーパークールストリーム」 13,800円(税込)


 
サイズ:幅1300mm×奥行1900mm
カラーバリエーション:ブルー、グリーン、パールベージュ、ダークグレー
※床暖房・ホットカーペット対応、ドライ・水洗い不可(拭き取り)

 




快適に過ごせるだけでなく、エアコンや扇風機など夏の気になる電気代も節約♪
まさに一石二鳥の涼感寝具、これからの寝苦しい季節にいかがでしょうか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

IDC OTSUKA 仙台ショールーム
住所:仙台市青葉区花京院1-2-15 ソララプラザ(入口3階)
TEL:022-714-4321
URL:http://www.idc-otsuka.jp

☆お店からのコメント☆
8月5日(日)まで商品入替えに伴うサマーセールを開催中!
均一セール品や在庫限りのスペシャルプライス品などお得なアイテムを多数ご用意しました。ぜひこの機会をお見逃しなく☆

この記事のタグ