HOME > 出かける > 約1,000基の絵とうろうは圧巻!3時間だけのお祭り「齋理幻夜」

約1,000基の絵とうろうは圧巻!3時間だけのお祭り「齋理幻夜」

県内でも多くの夏祭りが開催される季節がやってきました。
花火や盆踊りなどお祭りごとに内容も様々ですが、今回はちょっと面白い夏祭りをご紹介♪

大正時代にタイムスリップ!?幻想的な一夜限りのお祭り

 
▲約1000基の絵とうろうが幻想的な風景を演出

丸森町で8月11日(土)に開催される「齋理幻夜」は、蔵の郷土館「齋理屋敷」とその周辺を舞台に行われる一夜限りのお祭りです。
3時間ほどの短い時間の開催となっており、齋理屋敷周辺には約1,000基の絵とうろうが灯され、幻想的な空間に。まるで大正時代にタイムスリップしたような雰囲気を味わう事が出来ます。

 
▲灯篭のイラストを1つずつじっくり見ながら歩くのも楽しい


当日は「よさこい踊り」や「丸森ばやし」が披露されるほか、どこに現れるか分からない「怪しい紙芝居屋さん」や人情味溢れる落語、大正モダン風のヘアメイクが体験できる「変身館」など、見どころ満載。

「齋理幻夜」で、どこか懐かしく、そして新鮮な夏の夜のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?
 

開催概要

■日時:8月11日(土)17:30~21:00(屋敷開門は18:15~)
■場所:丸森町 蔵の郷土館 齋理屋敷とその周辺(齋理屋敷前中央通り歩行者天国)
■交通:阿武隈急行線・丸森駅からシャトルタクシーで約5分/丸森駅から徒歩約30分
※無料シャトルタクシーは16:50より運行
※無料駐車場(約500台)あり


【ビズプロ編集部】
 

イベント問い合わせ先

丸森町商工観光課
住所:伊具郡丸森町字鳥屋120
TEL: 0224-72-3017