HOME > 育てる > 【パパコラム第112話】夏本番!

【パパコラム第112話】夏本番!

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第112話は「夏本番!」。

夏休みの宿題、どうやってサポートする?


 
子ども達も夏休みに入りました。プールや夏まつりとイベントが目白押しです。今年は子ども達から海水浴に行きたいとリクエストがありました。遊びに行きたい気持ちも分かるので、なんとかスケジュールを組みたいと思います。

ですが子どもにとってもっと重要なのが宿題です。昨年は少し子ども任せにしていたので、終盤になって出来ていない宿題が後から出てきて大騒ぎでした。長女は数学を教えて欲しいという事で、夜中まで付き合う事もありました。同じ事を繰り返さない為にも、今年は早々に『宿題面談』を行いました。内容は長女と次女ではだいぶ変わってきます。次女はカレンダーを準備して、週単位で何をやるのか書き込みます。低学年の時は1日単位で決めていましたが、6年生なので少し自主性に任せたいと思います。

スケジュールを決める上で、週末をお休みにしてみました。休みで遅れた分の調整が出来ますし、終われば休みと思うとやる気も保ち続けられます。次女は早速、週末何をしようかと楽しみにしていました。実際のところ宿題は一生懸命にやっています。パパとしての作戦第一弾は成功です。問題は長女です。宿題を見てもどのくらいの時間が必要なのかさっぱり検討もつきません。今回は大人のチカラを借りたい所を確認して、進捗の確認をこまめにする事にしました。見ている人がいるという事をポイントにしようと思います。

いつもこの時期に考えるのは、宿題のスケジュールを作るだけでもこんなに違うのかという事です。親とすれば同じやり方が出来たら楽なのですが、子どもには合わない事もあります。

パパの子育ては自由度を持たせられるのが強みだと思います。いろんな人が働いている職場でそれぞれのやり方を許容しながら成果をあげる経験が活かせます。子どもに合わせたやり方を見つけ、守って欲しい所は譲らず、自由にして良い所は縛らない。その方がパパとしても子育てが楽になります。肩ひじ張らずに楽に出来る事は楽しみながら子育てしてみるのが良いと思います。
 

【パパコラム第111話はこちら】
 

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
ファザーリング・ジャパン東北を立ち上げ、笑っているパパを増やす活動を進めている。

現在は、主夫業で経験したことを活かして
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・パパの子育て、家事講座
・家族間のコミュニケーションアップ
 など講演を行っている。
Facebook:https://facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/


この記事のタグ