episode:「ナレッジサービス」の挑戦は続く

パナソニック株式会社 ナレッジサービス推進室

パナソニックが積み上げてきた技術やノウハウを他社に提供する「ナレッジサービス」。
電気製品の製造販売会社が、なぜサービス事業に乗り出したのか?その理由に迫る。

「ナレッジサービス」について教えて下さい。

人材育成や設備投資、新製品の開発、取引先の開拓など、事業成長に向けてお客様が直面する課題やお困り事に対して、当社の培ってきた技術やノウハウを提供するサービスが「ナレッジ(※)サービス」です。サービス提供全体の流れを説明しますと、まず最初に、企業様が今お困りになっている内容についてお伺いして、それに対して私達がどのようなサービスが提供可能なのか打ち合わせをさせていただきます。それを2、3回繰り返し、具体的なサービス内容をご提案します。次に、サービスの費用見積もりをお出しし、合意いただければ正式にご用命いただきます。その後、サービスを提供していくという流れになっています。
※『ナレッジ(knowledge)』
①知識・情報。
②企業などの組織にとって有益な知識・経験・ノウハウなど付加価値のある情報。
(出典:デジタル大辞泉)

サービスが生まれたきっかけは?

2018年に当社は創業100周年を迎える予定です。ひとつの区切りとして、100周年に向けて従来に無い新しい取組をスタートさせようと、2014年の4月にこの事業が発案されました。当社が100年近くものづくりをしている中で蓄積した技術やノウハウ、知見を、他の企業様にサービス提供するというお役立ちを目的としています。発案から1年かけて、人材育成や提供可能なサービス内容の整理など、活動を実施する体制作りを行ってきました。活動拠点は本社がある大阪府を含めた関西エリアと、震災の復興を応援させていただきたいという思いから、仙台を中心とした東北エリアの2ヵ所に決定しました。こうして、2015年の4月にサービスがスタートしました。

苦労した点はありますか?

社会の皆様に、当社は電気製品の製造販売会社だというご理解をいただいておりますので、そういった会社が自分達のものづくりのノウハウを他社にサービス提供するという活動を正しくお伝えする事に時間と手間がかかっている状態です。
新しい事業ですから、私達がいかにサービス内容をきちんと説明するかが大切です。「事業をサポートをすると言いながら、実は自分達のやっている事を盗まれるのではないか」と誤解されてはいけませんので、そこをいかに正しくお伝えして信頼関係を築いていくかということが課題ですね。

サービスを行う上で望むことは?

私達としては、企業様のお困りごとをナレッジサービスで解決する事を通じて、業績の向上、例えば、生産性が上がったり販売が増えたりと、結果として利益が増え、お客様に「助かった、パナソニックに手伝ってもらってよかった」という風にお言葉をかけていただけるよう取組みたいと考えています。その為には、パナソニックが信頼できる会社であるという事をきちんとご理解いただいて、実際にご用命をいただく中で実績できちんとお返しをして、サービスにご満足いただいたお客様に口コミで他の企業様を紹介していただくという広がりができていくことが私達の理想です。

実際にサービスを行ってみて感じた事は?

訪問させていただいた企業の数は、当初計画していた数よりも1割位上回っています。その一方、想定よりも苦労している点は、私達がサービス内容を上手に企業様にお伝えする事が不十分だという所です。サービスの説明は一通りトレーニングを行っているのですが、先方に正しくお伝えできているのかというと疑問な所があります。そこで、例えば説明の資料を差し替えるとか、説明の順番そのものをもう一度見直して、ご理解いただける内容にするなど改善している所です。
私達自身、サービスを通して世の中の様々な企業様とに接する中で、自分達に足りていない事を認識でき、また優れた技術をお持ちの会社に出会える事によって非常に刺激を受けています。今私達は、社内でもたぐいまれな経験値を積んでいるなと感じています。

今後行なっていきたい事は?

まず1000社の企業様にサービス提供をさせていただくことが目標です。そうしますと、それだけ多くの方々に受け入れていただけるサービスの充実を私達は行っていく事になりますし、当然、1000社とお取引させていただくという事は、現在より数倍の活動・訪問をして、様々な会社のお困りごとに対してのサービスのマッチングを行っていかなけれならない。私達自身のレベルを上げて行く必要があると意識しています。もちろん、東北の他の地域に対するアプローチも考えてはおりますが、まずは宮城県の活動を充実させて、そこからレベルアップしていきたいと考えています。更に、何年かかるかは分かりませんが、日本のものづくりのノウハウは他の国から望まれていると思いますので、グローバル展開の挑戦もおもしろいのではないかと思っています。

最後にビズプロ・クロスをご覧になっている皆様へ

私達は、各地域の企業各社の事業におけるお困り事をいかに解決するかということを使命としています。どのような内容でも結構ですので、まずはお声がけいただいて、現状をお聞かせいただければ、パナソニックとして全社を挙げてご提案をさせていただきます。是非、お気軽にお声がけ下さい!

【大阪拠点】
パナソニック株式会社 ナレッジサービス推進室
〒540-6302大阪府大阪市中央区城見1丁目3番7号 松下IMPビル
TEL:06-4790-0104  FAX: 06-4790-0108
【仙台拠点】
パナソニック株式会社 ナレッジサービス推進室 東北推進課
〒981-1224宮城県名取市増田字北谷11番地 パナソニック株式会社 仙台工場内
TEL:022-384-0894  FAX: 022-384-1025
HP : http://www.panasonic.com/jp/business/knowledge.html/