episode:あらゆる情報化ニーズに応える“プロフェッショナル集団”

株式会社エキサイト

高品質なシステムサービスを提供する株式会社エキサイト。
確かな技術で、更なる発展を目指す。

いつごろ会社を設立したのですか?

大西社長:元々勤めていたIT企業を辞めて、2001年の9月に設立しました。社名の「エキサイト」は英語の『刺激する』という意味はもちろん、強い技術力や信頼される会社をイメージして付けました。業務内容としては、通信ネットワーク技術の『つなぐ』、基盤系システム構築技術の『ささえる』、組込ファームウェア技術の『つくりだす』、画像処理技術の『みきわめる』の4つの分野で、業種・業務に特化することなく、横断的な技術サービスを提供することを目指しています。中でも、新規の事業として数年前に取り組み始めたのが画像処理技術です。

画像処理技術を始めたきっかけは?

大西社長:東北大学の青木孝文(たかふみ)教授に2008年に画像処理技術を教えていただく機会がありまして、それがきっかけですね。中小企業庁の戦略的基盤技術高度化支援事業(通称:サポーティングインダストリー)という開発費の補助をしていただける事業がありまして、2011年に申請して、採択されたんですね。当社がプロジェクトリーダーになり、株式会社倉元製作所さんと「液晶表示用ガラス欠陥検査装置を高度化する画像処理組込ソフトウェアの開発と事業化」というプロジェクトを進めました。これは、画像処理技術を用いることで、欠陥分類の高精度化を実現するものです。従来困難であった欠陥の分類・分別が可能となるため、検査品質の向上、競合とのコスト競争力の向上が実現します。また、これはまだ研究段階ですが、2014年には画像処理技術を応用して、宮城県山元町にある最新の施設園芸技術を使った圃場のトマトの生育状況をカメラで観察する「園芸作物生育監視システム」を作りました。
本来、画像の中からトマトを見つけること自体難しいのですが、このシステムではトマトをほぼ認識することができます。トマトの生長過程をリアルタイムに測定したデータを監視制御サーバーへ転送し、データベースに蓄積することで、農作業の利益の最大化、ノウハウの習得が期待できます。

一番やりがいを感じる時は?

三瓶さん:お客様の要件を聞きながらシステムを作っていくのですが、やり取りしていく内にすごくいい物が出来て。それが完成した時に、お客様に「いいね」と言ってもらえた時は嬉しかったですし、ものすごく達成感を感じました。

人材育成にも力を入れているそうですが?

大西社長:人材育成という意味では、特に新卒から数年間は社員がうまく成長していけるようなフォロー体制を作っています。未経験者でも、本人達が仕事をしていく中で日々成長出来るよう、じっくり育てますので、心配はありません。
三瓶さん:私が最初画像処理のチームに入った時は全く知識も無かったのですが、仕事をやっていくうちに、少しずついろいろな仕事が出来るようになりました。同期にも、技術系の知識が全く無かった者がいますが、今では開発の仕事に携わっています。

今後行っていきたい事は?

三瓶さん:身近に誰もが使える様な所に画像処理を使っていただけたらと思います。今は企業様向けに作っている事の方が多いので、世の中の人に自然と使っていただけるようなものを作っていきたいですね。 大西社長:今後画像処理技術は一般化していくと思いますので、その中で広く皆さんに使っていただけるようなソフトを作っていきたいと思います。使いやすく、身近な物として。先進的なものより、こなれた技術でもいいから使いやすい、それで勝負していきたいと思っています。

20年後、会社はどうなっていると思いますか?

大西社長:一言でいえばいい会社になっていればいいですね。まあおそらく私は経営の第一線から退いていると思うので、三瓶くんの様な後継者がさらに拡大していって欲しいですね(笑)いろんな事業やサービスにおいて、セールスポイントがいっぱいあるような会社になっていればいいなと思いますね。

最後にビズプロ・クロスをご覧になっている皆様へ

大西社長:当社は、「あらゆる情報化ニーズに確かな技術でお応えします」という企業理念を持って経営しています。ご相談いただければ、問題やお困り事に対してきちんと真摯に問題を捉えた上で、最適な答えを導き出せるような協力をさせていただきますので、もし何かお困り事がありましたらお気軽にご相談ください!

■会社概要
【本社】
〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町1-6-9 マニュライフプレイス仙台7階
TEL:022-216-2571
【東京事業所】
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町18-7 小網ビル8階
TEL:03-5356-8131
HP: http://www.excite-software.co.jp/