episode:確かな技術で生み出すオリジナル製品

オイカワプロダクツ

震災を受けて一度石川県に移住した及川さん。
より多くの技術を手に入れ、再び仙台の地で挑む。

「オイカワプロダクツ」設立のきっかけは?

小さい頃から手先は器用だったと思います。趣味のサーフィンやバイクなどの遊びをしているうちに、自然とライダースジャケットなどの皮革製品に興味を持つようなりました。高校を卒業してすぐに父親の左官業を手伝っていたのですが、縫製技術を学びたいという思いがあったので、25歳頃から関東(埼玉)のメーカーで修業をしました。当初はそのメーカーの方で直営店を出すという話だったのですが、残念ながら会社の方の資金繰りの関係で無くなってしまったので自分でやらざるを得なくなり、仙台に戻ってきて2005年(平成17年)にオイカワプロダクツを設立しました。最初はアパートの片隅でやっていたんですよ。そこから少しずつ設備を増やしていって、ようやく落ち着いてきた頃に東日本大震災が起きてしまいましたので、一時石川県の方に移住し、そこからまた戻ってきて現在に至ります。

主な仕事内容を教えて下さい。

主に、メーカーの下請けですね。これが8割で、残りの2割は自社ブランドですね、2006年に「BlackRace」をサーフ業界に展開、2013年には「BASELEATHER」を展開しています。中でも大変なのは、企業からご依頼いただくロットの仕事。納期が絶対にあるので、いくら計画して作業していても、何かの段取りが狂ったりすると、それだけで何時間ものロスになってしまうので、納期が迫ってくると不安になります(笑)従業員は3人。それぞれに小分けして作業しています。作業は、単純に「切って貼って縫う」の繰り返しです。それを何工程か繰り返し、1つの商品を製作していきます。やっぱり完成した時は嬉しいですよね。やりがいを感じます。当社は、材料のチョイスの幅がすごく広いのが売りです。針の形1本だけでも太さにこだわるし、そういった1つ1つの細かい事を相手のメーカーと話し合いながら商品を作っていくんです。後は東日本ハンドバッグ工業組合にも宮城県で唯一加盟しているので、組合での会合などの際に、他のブランドとも交流させていただいています。

石川県で学んだ事とは?

東日本大震災後石川県に移住した際に、縫製だけではなく製品を一括してなるべく製造できるようにと、織文化があるという事でシルクスクリーンの技術や刺繍などの技術を習得しました。これにより、お客様にさらにオリジナルのあるご提案ができるようになりました。

主な取引先は?

縫物業界でも腕の良い60代~70代の方々が、高齢という事もあり引退が近づいています。関東の縫物工場が減少していることから、関東圏からの仕事の依頼が当社の仕事のほとんどというのが現状です。しかし関東と東北では距離もあり、すぐに打ち合わせを行う事が出来ず、どうしてもやりづらくて断ってしまう仕事も多いんです。仙台でやっているのに、作った商品はほとんど関東に行ってしまうんですよ。それが少し寂しいです。この仕事が仙台にも需要があるのであれば、是非使っていただいきたいですし、出来れば東北でも使っていただきたいんですけどね。

自社ブランド1本で行くという考え方はないのですか?

自分勝手に自分のブランドだけでやっていたら、正直品質は下がります。どうしても妥協してしまうんです。それに比べて、下請けの仕事では取引相手の企業もプロなので、プロ対プロで話をするので、レベルが高いんですよ。そうすると、かなり高い技術が要求されます。そこの水準をもっと自分の中で高く持っていたいので、下請けの仕事と自社ブランドをバランス良く行なっています。

今後行なっていきたい事は?

いずれは、自社ブランドでやっていきたいという思いはありますよね。今でもそこそこのものは出せると思うのですが、さらに技術を高めていけば、自社ブランドとしても恥ずかしくない商品を出せるのではないかと思っています。お手本としている東京の会社も、下請けをやって自社ブランドも何個かやって、少しずつ実績を上げてショップを持つという形の経緯を辿っていますので、きちんと確実な物を積み上げていって、オーダーメイドで作るブランドを世界に販売できたらと思います。

最後にビズプロ・クロスをご覧になっている皆様へ

各企業・小売店のオーダーメイドに応えて、いろんな形の製品をお作りします。1個からでもご注文をお受けいたしますので、どんな物でもどのぐらいの数でも、とにかく迷ったら一度お問い合わせください!僕としては、現在8~9割が東京の企業に流れている現状を、少しでも東北のお客さんから「欲しい!」って言われるようにしたいというのが本音です(笑)

オイカワプロダクツ
〒984-0831 宮城県仙台市若林区沖野3-9-17
TEL 022-353-9068 FAX 022-353-9069
HP : http://www.o-products.jp/