episode:「インモールド」のパイオニアであり続ける

ゆわて吉田工業株式会社

1973年に世界初となる「インモールド技術」を開発。
今後も技術に磨きをかけ、更なるチャレンジに挑む。

設立のきっかけを教えてください。

当社の親会社である吉田工業製作所(現吉田グループ)が、1946年(昭和21年)東京都墨田区に会社を設立しました。その後、1973年(昭和48年)には世界初となる「インモールド技術」を開発、会社の事業規模を拡大していく中で、1990年(平成2年)岩手県大船渡市に、現在の会社の始まりである「岩手吉田工業株式会社」を設立しました。2000年(平成12年)頃に風水や字画にこだわりのあった当時の社長が、社名を変えようとひらがなで「いわて吉田工業」にしようと思った所、似たような名前の会社が岩手県内にいらっしゃったので、字画を考え1画で書ける『ゆ』を使い、「ゆわて吉田工業株式会社」と社名を改称しました。よく皆さんに「どうして“ゆわて”なんですか?」と聞かれる事が多いのですが、これが社名の由来です。「この辺の方言で付けたの?」と言われますが、違うんです(笑)。
最初は水産加工品の容器の製造を行なっておりましたが、そのうち「インモールド技術」による製品の製造に携わるようになり、現在に至っております。業界で「インモールド技術」が携帯電話などの家電製品の製造にも非常に有効だと言われるようになった事から、2004年(平成16年)に化粧品容器の事業会社「吉田コスメワークス」と、当社が所属する携帯電話の事業会社「吉田テクノワークス」に分社しました。当社は、「吉田テクノワークス」のグループ会社という形になります。

「インモールド」とは?

壁などに爪でこすりつけると絵柄だけが残る転写式のシールを皆さん1度は体験した事があると思うのですが、その原理をプラスチックで再現したものが「インモールド技術」になります。金型の中にあらかじめデザインが印刷された箔を挟み、成形時の熱と圧力で加飾していくという仕組みです。1973年(昭和48年)に私達が世界で初めて開発した技術になりますので、インモールド製品の作り込みや歩留まり(加工する場合の、使用原料に対する製品の出来高の比率)の良さに関しては、業界ではトップクラスであると自負しております。
主に携帯電話の部品に用いられる事が多く、国内シェアのおよそ5割~6割の受注を受けておりました。
ですが、東日本大震災の前後くらいから一気にスマートフォンが主流になり、なおかつ生産拠点が中国などの海外に移転してしまったというタイミングが重なり、生産が落ち込んでしまいます。そんな環境の変化に伴い、2011年(平成23年)に「ガラスインサートインモールド」を開発しました。金型内にガラスを挟み込み、同時にインモールド成形で樹脂部に加飾を行う世界初の技術です。成形と同時にガラスを貼り付け加飾を行うため、工程の削減が可能となり、隙間なく本体とカバーガラスが密着することで防水性も高まります。
また、「携帯電話からの脱却」をテーマに新しいものづくりをしようと、2012年(平成24年)に自社ブランド『The Molding Shop』を立ち上げました。インモールド技術で仕上げたスマートフォンカバーや名刺入れを製作、販売しています。名刺入れは、両サイドを持って軽く押すとゆっくりとフタが開き、同時に底面のフラップが名刺を持ち上げてくれますので、スムーズに名刺を取り出せます。最近ですと、2015年(平成27年)にデザイントレイの販売も始めました。

採用について

現在、従業員は約80名です。採用は毎年行なっていますが、震災復興関連でなかなか思うように集まっていないという現状があります。技術はもちろんですが、人とのコミュニケーションやマナーなども含めて、どの会社へ行っても「ゆわて吉田工業で教育を受けてきたんだから大丈夫!」と言われるくらいの人材を育成する事を目標としています。

東日本大震災当時、どのような状況でしたか?

普段から毎月避難訓練をやっていたおかげで、出勤していた従業員は全員無事でしたが、社屋は津波の影響を受け全壊でした。震災復興の補助金をいただき、ようやく2012年(平成24年)7月に現在の場所に新工場を建てる事が出来ました。

今後行なっていきたい事を教えてください。

「脱・携帯電話」ですね。携帯から脱却して、車載系に関連した製品を作ろうと現在動いており、カーナビのパネルなどを製作し、様々な展示会に出展している所です。「インモールド技術」は成形と同時に完成しますので、成形後にかかるコストの問題もありませんし、短納期で製品をお納めする事ができます。この良さを活かして、今後自動車業界への進出を目指していきたいと思っています。

20年後どのような会社になっていると思いますか?

その頃までには自動車業界で、メーカーに製品を直接納入できるような業態になっていればいいですね。私達のコア技術は「インモールド技術」ですので、今後もその技術をさらに進化させて、新しい商品をどんどん開発していきながら、生活の様々なシーンで私達が携わった製品が見られる事を願っています。

ビズプロ・クロスをご覧の皆さまへ

「インモールド技術」を、東北の企業様により身近な形で感じていただきたいと思っています。今まで培ってきたものづくりの歴史もございますので、「こんな製品を作りたい」というご要望がございましたら、是非お問い合わせいただければ幸いです。

ゆわて吉田工業株式会社
〒022-0006 岩手県大船渡市立根町字立根山1-32
TEL:0192-27-1454 FAX:0192-27-2605
HP:http://www.yoshida-tw.co.jp